調理師免許について

今日から始めよう! 飲食店開業の為にしておくべき準備とは

今日から始めよう! 飲食店開業の為にしておくべき準備とは

憧れの飲食店開業。自分のお店を持ちたいと考えている人は、少なくないでしょう。では

、実際に開業するとなったときには、どのようなことをする必要があって、どれくらいの

費用を用意すれば良いのでしょうか。ここでは、飲食店を開業する際の準備についてご紹

介します。

まずは資金を貯めよう!

飲食店の開業資金は大まかに分けて、下記の通りになります。

・店舗の賃貸費用

店舗の家賃は、お店の場所や敷地の広さなどによって大きく差がでます。敷金礼金や仲介

手数料などが必要な場合も多いので、よく確認してください。

・内装費用

お店のイメージを決めることになる、内装にかかる工事費用のことです。業者に頼むのか

自分で行うかによって、大きく費用が変わるでしょう。

・設備費用

設備費用には、厨房機器や音響設備費、レジなどにかかる費用や、テーブルやイスなどの

インテリアにかかる費用も設備費用にあたります。居抜き物件を選ぶと、費用を抑えやす

いでしょう。

・運転資金

運転資金は、お店を開いてから軌道に乗るまでの間に必要となる費用です。人件費や仕入

れ資金、宣伝費なども含まれるでしょう。開店当面のランニングコスト(家賃や光熱費な

ど、お店を営業しているだけでかかる費用)の半年分くらいは確保しておいた方が良いと

言われています。

何にこだわりを持ち、どこを妥協するかによって、かかる費用は大きく変わります。最初

から細部までこだわって作ろうと思えば、1000万円を超えることも珍しくはありません。

最低限譲れない部分以外は妥協してでも、とにかく開業を目指したいという場合でも、最

低でも資金200~300万円ほどは用意しておきたいでしょう。

日頃からコンセプト設計を考えておこう!

飲食店経営を始める前に一番大切なことは、コンセプト設計です。あなたの好きなお店や

、人気のあるお店を思い浮かべてください。「のんびりできる」、「お洒落な雰囲気」な

どのコンセプトが設計されていることでしょう。

まずは、あなたが開きたい飲食店を思い描いてみてください。雰囲気でも、内装でも、イ

ンテリアでも構いません。そういったイメージの中から、「お客さんがどんな気持ちにな

るのか」を考えてみてください。あなたのお店に来てくれたお客さんにとってのメリット

を考えれば、どのようなコンセプトにしたいのか、導き出しやすくなるでしょう。

コンセプトを決めたら、そこから店を開く地域や場所、想定する客層、雰囲気、規模、回

転率などを導き出していくことになります。お店を開く上で何かに迷ったときには、コン

セプトに沿うかどうかを基準に決定していくと良いでしょう。

飲食店を開業する上で最低限必要な資格

飲食店を経営するには、衛生管理責任者を最低でも1名は置かなければいけません。衛生

管理責任者の資格は、1日の講習と費用1万円程度(都道府県によって異なります)があれ

ば、誰でも取れるもので、特別な試験などはありません。ただし、調理師免許を持ってい

る場合は、講習を受けなくても衛生管理責任者になれます。

従業員の中に資格を持っている人や、調理師免許を取得した人がいるなら、その人に衛生

管理責任者になってもらうこともできます。店舗に資格を持っている人が誰もない場合は

、誰かに取得をしてもらうか、あなた自身で食品衛生管理責任者の資格証明書を取得する

必要が出てくるでしょう。

食品衛生管理責任者の資格証明書は2~3年に一回の受講が条件で、その都度講習とお金が

必要です。ただし、調理師免許があれば更新の必要はありません。もし持っていれば、講

習を受ける際にかかるお金と時間の節約にもなります。

今回ご紹介した内容を参考に、今日から飲食店を開業する準備を始めてみてはいかがでし

ょうか。開業に必要なことはたくさんあるように見えるかもしれませんが、一つひとつを

着実にクリアすることで、憧れの自分の店舗開業を実現することができるでしょう。