調理師免許について

分野を問わず重宝される管理栄養士の資格とは

分野を問わず重宝される管理栄養士の資格とは

管理栄養士と言えば、病院や学校の食事に関する仕事だとイメージする人は少なくないで

しょう。しかし、実際に管理栄養士が活躍する場所は、多岐に渡るということをご存知で

したか? ここでは、管理栄養士の資格や職場についてご説明します。

管理栄養士の資格とは

管理栄養士は、傷病者を含めたさまざまな体質を持つ人に対して栄養指導を行うといった

、専門的な栄養管理や栄養指導などが主な仕事です。そして、管理栄養士になるためには

、厚生労働大臣による国家資格が必要になります。

管理栄養士の資格は誰でも取得できる訳ではありません。管理栄養士の受験資格を得る方

法は、大きく分けて以下の2種類があります。

 栄養士養成施設を修了して栄養士免許を取得した後、厚生労働省令で定められている

施設で、栄養の指導に従事した者(期間は、栄養士養成施設の在学期間と実務経験の

合計が5年以上)

 管理栄養士養成施設を修了して、栄養士免許を取得した者(4年生の大学や専門学校

を修了した場合は実務経験が不要となる)

どちらも共通して、栄養士の資格を取得することが必要です。受験資格を得たら、管理栄

養士の国家試験を受験し、合格したら資格取得となります。管理栄養士試験の合格率は約

60%となっており、やや難易度が高めな資格だと言えるでしょう。

管理栄養士が活躍する職場とは?

管理栄養士が活躍する舞台は多岐に渡っています。具体的な仕事を、以下に挙げてみまし

ょう。

病院

病院での主な仕事は、患者さんの食事の管理です。献立作成、調理、患者さんへの栄養指

導なども含まれます。

学校

学校の給食センターや、幼稚園、保育所での主な仕事内容は、献立作成、食材発注、調理

など。栄養教諭として、生徒や両親に食事指導を行うこともあります。

社員食堂、学生食堂

社員食堂や学生食堂において、食事の提供を行います。仕事内容は献立作成、食材発注、

調理などがあるでしょう。

飲食店

管理栄養士を採用する飲食店は増えているようです。低カロリーでヘルシーなメニューの

開発、無農薬野菜や有機野菜を使った安全な食材発注のほか、メニューに表示する栄養素

やカロリーの計算といった業務もあります。

自治体

保健所や保健センターなどの自治体で、地域の高齢者や成人、母子などに健康指導や栄養

指導、食生活の相談などを行います。地域の食に関する調査や技術援助など業務内容はさ

まざまです。

社会福祉・介護施設

老人ホームや児童施設、身体障害者の方や知的障害者の方のための施設などで活躍します

。仕事内容としては、献立作成、調理、食材発注などがあります。

食品メーカー

管理栄養士は、食品メーカーで新メニューの企画立案、研究や開発などを行うこともあり

ます。専門的な知識を活かして、営業や広報で商品の魅力を伝えていくという働き方もあ

るでしょう。

スポーツ関連施設

スポーツクラブやフィットネスクラブなどで、ダイエットや体力強化を目的とした人たち

に、栄養指導や食事指導、アドバスなどを行います。プロのスポーツチームやアスリート

の専属栄養士も活躍中です。

その他

そのほか、管理栄養士の働き方は多岐に渡ります。ドラッグストアで栄養についての説明

やアドバイスを行ったり、ダイエットサイトなどの健康系サービスを提供する会社に勤務

したり、フリーランスとして生計を立てたりしている人も少なくありません。

管理栄養士と調理師の違いとは?

「食」に関する仕事に就きたいと思った際、さまざまな職業がありますが、代表的なもの

に調理師があります。調理師と管理栄養士には、どのような違いがあるのでしょうか?

調理師は調理のプロフェッショナルで、調理に関する技術と経験を持ちます。調理師免許

を取得するには栄養学も必要になるでしょう。

管理栄養士は栄養に関するプロフェッショナルです。食材に関すること、食材と人の体や

健康との関わりを熟知しており、カロリー計算や栄養指導などができる知識があります。

調理師、管理栄養士のどちらを目指すかは、とても重要な選択になります。今回ご紹介し

た内容を参考にしながら、自分がなりたい姿、やりたいことなどをじっくり考え、慎重に

選択するようにしてください。