調理師免許について

まずはここから! 調理師の主な仕事内容を知ろう

まずはここから! 調理師の主な仕事内容を知ろう

一言に調理師といっても、勤務先や仕事内容はさまざまです。包丁を握って調理をするだ

けが、調理師の仕事ではありません。では、調理をする以外には、一体どのような業務を

行っているのでしょうか? ここでは、調理師の主な仕事内容についてご紹介します。

調理師ってどんなことをするの?

飲食店や病院など、勤務先によって調理師の仕事内容は異なりますが、ここでは一般的な

調理師の仕事を挙げてみましょう。

食材の仕入れ

在庫やメニューを見て、必要な食材を仕入れます。業者に発注する、自分で市場に買い付

けに行くなど、お店や施設によって食材の仕入れ方は異なります。

仕込み

営業中に調理をスムーズに行えるよう、調理前の下準備をします。野菜を切ったり、スー

プやソースを作ったり、やることは山ほどあります。

調理、盛り付け

注文のあったメニューを作り、盛り付けてお客様に提供します。素早さはもちろん、美し

さも求められます。

皿洗い、掃除

飲食店は衛生第一ですから、調理器具や調理場の清掃は重要です。食器を洗ったり、調理

場を掃除したりすることも、調理師の重要な仕事と言えるでしょう。

また、店によっては「まかない」と呼ばれる従業員のためのご飯作りがあります。人が足

りなければ接客をやる場合もあるでしょう。それから、包丁など道具の手入れも日頃から

行う必要があります。

そのほかにも、勤務先によってはメニューの選定や作成なども行ないます。季節に合わせ

てメニューを変更したり、定期的にメニューの見直しをしたりすることも必要でしょう。

厳しい調理師の世界

調理師の世界は経験と腕がモノを言いますから、下積み時代の厳しさは覚悟しておく必要

があるでしょう。

下積み時代の調理師がすることは、基本的に雑用と呼ばれるようなものです。一言に雑用

と言っても、店内の掃除に始まり、在庫チェック、仕込み、ゴミ出し、開店準備、まかな

い作り、閉店後の清掃など、やることはたくさんあります。長時間立ちっぱなしというこ

とも多いので、慣れるまでは体力的にもヘトヘトになるかもしれません。

また、職人気質の強い人がいるお店では、人間関係にも気を配る必要があるかもしれませ

ん。頑固で簡単には調理を教えてくれない……なんて人も意外と少なくないと言われてい

ます。とはいえ、多くの人が憧れるような、高い実力を持つ調理師でも、ほとんどの場合

厳しい下積み時代を経験しています。この期間を気合と根気で乗り越えれば、お店の人も

認めてくれるはずです。根気よく下積み時代の経験を積むことで、自分が思い描く理想の

調理師に近づくことができるでしょう。

経験を積み幅広い経験を!

調理師として、調理の腕が良いということは、当たり前のこととも言えるでしょう。しか

し、調理師の仕事は調理だけではありません。

調理師としての経験を積んでいけば、多くの場合、自分の持ち場を与えられるようになり

ます。そうすると、スタッフのマネジメントや経営やお金に関わる業務なども任されるよ

うになります。新作メニューに自分の案が採用される機会が増えたり、あるいは決定権を

持つことになったりもするかもしれません。

このように、調理以外の知識を身に付けていくことは、将来お店で責任者として働いたり

自分のお店を開いたりするときにも、きっと役立つことでしょう。

目指すは独立、もしくは料理長

調理人としての仕事を一通りマスターし、知識も経験を積んだ後は……独立をするか、料

理長を目指す人の2パターンが多いようです。

職人として歩むなら、料理長や総料理長に就きたいところでしょう。実際、調理に関する

全てのことに気を配る、責任重大なポジションですが、大きなやりがいを感じることがで

きますし、給料も普通の調理人とは大きな差が出てくると言われています。

独立となれば、当然お店の一切はあなたの自由になります。すべての権限を自分で握り、

思い描く通りのお店を作ることができるのです。

調理師は調理以外にもさまざまな業務を行います。特に、下積み時代は辛いことや苦しい

こともたくさんあるでしょう。しかし考え次第では、調理師はどのような事も実現できる

、夢と希望が詰まった仕事でもあるのです。

また、最近ではミシュランガイドに掲載される日本のお店も増えており、世界的にも日本

の技術力に注目が集まっています。これから料理で高みを目指したい人にとって、調理師

はとても魅力的な仕事といえるでしょう。