調理師免許について

料理をとことん追求出来る最高の職業!調理師になるためには

料理をとことん追求出来る最高の職業!調理師になるためには

「飲食の道に進みたい」、「調理の仕事がしたい」という人であれば、「調理師になりた

い」と思うようになることも少なくないでしょう。では、調理師になるためにはどのよう

なことが必要になるのでしょうか? 今回は、調理師になる方法についてご紹介します。

調理師になるための方法とは?

調理師と聞くと「料理人」を思い浮かべる人がいるかもしれませんが、実際に「調理師」

と名乗るためには、調理師免許の取得が必須となります。

調理を仕事にしたいという人の中には、調理師免許の資格がないといけないと思っている

人もいるようですが、実は資格がなくても調理の仕事をすることは可能です。有名な料理

人の中にも、調理師免許を取得していない人は意外と少なくないと言われています。

ただし、調理師免許を持っていると、飲食業界で就職する場合に有利になることもありま

すし、何より調理人として必要な知識を持っているという証明にもなります。飲食業界で

働く際にも、自分で飲食店を開業する際にも役立てることができる資格なので、調理人と

してやっていくことを心に決めたのなら、調理師免許は取得しておいた方が良いでしょう

調理師免許を取得するためのルートとは

調理師免許を取得するには……

①厚生労働大臣指定の調理師養成施設、専門学校を卒業する

②2年以上の実務経験(アルバイト含む)を積み、調理師免許試験に合格する

上記のように、2つのルートがあります。

①の場合、専門学校に1年~1年半以上通学し、座学や実技の授業を受けて卒業をすれば、

調理師免許を取得することができます。その際、申請は必要になりますが、特別な試験な

どはありません。

②の場合、実際に飲食店などで経験を2年以上積んでから、調理師免許試験を受験します

。この試験に合格すれば、調理師免許を取得することができるのです。

どちらを選択すべきなの?

専門学校で学ぶ方法と、実務経験を積む方法。一体どちらが良いのでしょうか? それぞれ

のメリットとデメリットを挙げてみましょう。

専門学校のメリット

調理の専門学校では、現場を経験してきた優秀な先生がいることが多いでしょう。そのた

め、実際に調理しながら、あれこれと質問をしたり、意見を聞いたりできるというメリッ

トがあります。

また、同じ志を持った仲間との出会える可能性が高いということも特徴です。同じ目標が

ある仲間が周囲にいれば、お互いに高め合いながら、意欲的に調理の勉強を進めていける

でしょう。実績のある専門学校であれば、卒業後の進路に有利に働くこともあります。

専門学校のデメリット

学校に通わなければならないので、その分時間の拘束が長くなります。また、一番のネッ

クは高い費用が必要になることでしょう。学校や学科によっても変わりますが、平均して

200万円くらいはかかるようです。また働きながら通う場合は、夜間に通わざるを得なく

なり、体力的な負担も大きいでしょう。

実務経験を積む場合のメリット

専門学校に通えば最短1年で調理師免許が取得できますが、実務経験を積む場合は最低で

も2年が必要です(アルバイト含む)。実力と経験がものを言う調理師という職業におい

て、できる限り長い期間、実務でスキルを身に付けることは、大きな財産になるでしょう。

かかる費用は試験対策用の教材費と試験費用ですので、5万円~10万円程度で済みます。

実務経験を積む場合のデメリット

専門学校と違い、試験を受けなければならないので、必ず取得できるという訳ではありま

せん。試験に落ちても何度でも再受験は可能ですが、都度受験費用が必要となります。

調理師になる方法や、調理師免許の取得方法についてご紹介しました。調理師を目指すな

ら、調理師免許の取得を目標にしてみてはいかがでしょうか。