調理師免許について

どんな所で働ける? 気になる調理師の就職先について

どんな所で働ける? 気になる調理師の就職先について

日本には、昔ながらの和食はもちろん、世界各国の専門料理店が多くあります。また、

親しみのある地元料理店や、気軽でリーズナブルで気軽に入れるファミリーレストランな

ど、各地にさまざまな飲食店があり、それぞれの場所で調理師が活躍しています。また、

病院や学校などの施設でも調理師の存在は欠かせません。今回は、調理師の就職先やその

仕事内容についてご紹介しましょう。

調理師の主な就職先とは?

調理師の就職先として、まず挙げられるのが飲食店でしょう。飲食店と一口にいっても、

その形態は多種多様。提供する料理も和食、中華、イタリアン、エスニックなど数えきれ

ません。また、店の形態も、小さな飲食店や小料理屋、居酒屋などがあるかと思えば、高

級なレストランやホテルなどもあり、さまざまです。

また、病院や介護施設、学校、企業や会社の寮や食堂などでも、調理師は活躍します。そ

のほか、会社の食品企画開発部などで力を発揮できることもあるでしょう。

場所が変われば料理も変わりますし、勤務時間や作る量、仕事の範囲や内容、そして一緒

に働く人も、当然ながら全く異なります。そして調理師にも、それぞれの場所で違ったス

キルが要求されるのです。以下から、「レストラン」、「病院・学校」の2つについて、

具体的に見ていきましょう。

レストランで働く調理師の仕事内容

レストラン、飲食店で働く場合、調理師の主な仕事内容は、下記のようになります。

 食材の仕入れ

 仕込み

 調理、盛り付け

 皿洗い、掃除

これに加えて、店によってはメニュー開発や選定も定期的に行うことになるでしょう。ま

た、まかないと呼ばれる従業員のご飯を作ったり、お会計を担当したり、接客したりする

レストランもあります。売り上げの計算をしたり、スタッフのシフト管理や教育を任され

たりすることもあるでしょう。

店によって業務内容は全く違いますが、従業員の多い職場だと業務が細かく分けられてい

ることが多いようです。その場合、自分が担当した業務に専念して、専門的な技術を身に

付けやすいと言われています。また、見本となる調理人が大勢いますから、技術を盗んだ

り、教えてもらったりすることも可能でしょう。

規模の小さいお店の場合は、一人ひとりがお店のさまざまな業務を請け負うことが多く、

調理ばかりでなく接客や経営など、調理以外のことにも直接関わり、勉強することできる

でしょう。任される分野も広くなるので、比較的早い段階で、色んなスキルが身に付けら

れることが多いと言われています。

病院や学校で働く調理師の仕事内容

病院や学校で働く調理師の特徴としては、同じメニューを大量に作るという点や、決めら

れたメニュー表に沿って調理をするという点などが挙げられるでしょう。鍋などの調理器

具も、専用の大きいサイズを使うので、家庭で料理する感覚とは大きく異なります。

学校なら仕込み、調理、配膳、その後の皿洗い、掃除で勤務が終了するのが一般的です。

病院なら遅番と早番があり、この一連の流れを繰り返すことになるでしょう。飲食店のよ

うに、お客さんが帰らないから残っていなければいけないということがないので、基本的

には時間通りに勤務を終えることができます。接客やメニュー開発などは行わないのが一

般的なので、調理以外の仕事をする必要はほとんどないでしょう。

レストラン、病院、学校など、さまざまな場所で調理師は活躍しています。今回ご紹介し

た内容を参考に、調理師への道を検討してみてください。