調理師免許について

役割が全く違う!調理師と栄養士の仕事の違いとは

役割が全く違う!調理師と栄養士の仕事の違いとは

調理師と栄養士は同じ「食」に関する仕事ですが、仕事内容は大きく異なるということを

ご存知でしょうか? 今回は、混同されがちな調理師と栄養士の違いについて紹介します。

栄養士の仕事内容と役割とは?

まずは、栄養士の仕事内容について、働く場所をいくつか例に挙げて、それぞれご紹介し

ていきましょう。

学校や保育園

学校や保育園での栄養士としての仕事は、育ち盛りの子供たちが、健康的に学校生活を送

ることができるようにサポートをすること。主な仕事内容は、栄養バランスを考慮した給

食の献立作りです。子供たちの苦手な野菜を細かく刻んで食べやすくしたり、味付けにひ

と手間かけて誰でも食べられるようなものにしたりと、調理方法にも一工夫を施します。

また、子供たちに栄養バランスを考えた食事の必要性を教えたり、正しい食生活の指導を

したりするのも栄養士の大事な仕事です。

病院や福祉施設

病院や福祉施設では、入院している患者さんの体調を回復する手助けになるように、健康

状態を確認しながら、食事のメニューを作成します。患者さんの症状によっては、食事制

限がかかっていることもあるので、そういったことも十分に考慮しなければいけません。

おいしい料理を作ることだけが目的ではなく、栄養面と健康面を考慮した食事を提供する

ことが求められます。ほかにも、患者の回復をサポートするために、栄養指導を行うこと

もあります。

社員食堂や社員寮

社員食堂や社員寮での主な仕事内容は、職場の業務内容に合わせて、食堂の献立メニュー

を作成することです。具体的には、肉体労働が多い職場ではしっかり体力がつく食事を、

デスクワークが多い職場では、カロリー過多にならないように栄養バランスを計算した食

事を提供していきます。また、職員から食事について相談を受けたときなどは、適切なア

ドバイスをします。

調理師との違い

調理師は食に関する仕事の中でも「味」に重点を置いているため、調理師としての献立は

、栄養面より美味しさを考えて作られている場合がほとんどです。調理師は、調理師免許

を取るために栄養学も勉強していますが、栄養士に比べると、細かい計算や栄養指導はで

きないことが多いでしょう。また、就職先は、レストランや飲食店が多い傾向にあります

栄養士は、「味」よりも「栄養」に重点を置いています。栄養に関するプロフェッショナ

ルで、職場によっては調理師と共に厨房で仕事をしますが、調理師とは異なり調理のプロ

というわけではありません。

主な仕事内容は、栄養バランスを考えたメニュー作りや食材の発注など。職場によっては

、調理に関する仕事の全般を任せられることもあります。また、メニュー内容の説明を求

められたときは、メニューの概要や栄養成分を消費者にわかりやすく説明し、適切な指導

を行います。

ほかにも、一般のスポーツジムと協力してダイエットや体作りにおける栄養指導をしたり

、健康関連やダイエット関係の食品開発に携わったり、栄養士にはさまざまな仕事があり

ます。

栄養士から調理師になる選択肢もある

日本や世界では健康意識が高まっており、おいしくてヘルシーな食事が求められています

。そこで注目したいのが、栄養士の資格を持った調理師の存在です。栄養士の資格を持つ

調理師は、栄養に関する知識と調理技術の両方がハイレベルな人材なので、健康のことを

考えて栄養を計算し、さらに持ち前の技術で、味も良い食事の提供が可能。このようなニ

ーズは、今後大きく広がっていくでしょう。

では、栄養士の資格を備えた調理師になるためには、どうしたら良いのでしょうか。まず

、栄養士になるためには、栄養士養成施設として特別認可された学校(4年制大学、短大

、専門学校)を卒業して、資格を取得する必要があります。調理師の資格は、調理師養成

学校を卒業するか、2年間の実務経験(アルバイト含む)を積んだ上で、国家資格に合格

すれば、取得可能です。

これらのことから、栄養士の資格を取得した後、飲食店などの調理場で2年間実務経験を

積み、国家試験に合格するという方法が、最も効率的な選択肢と言えるでしょう。

仕事内容が似ていると思われがちな「栄養士」と「調理師」ですが、実は専門分野が異な

ります。どの分野を専門的に学びたいか、目的を明確にすることで、今後進むべき進路を

定めることができるでしょう。また、栄養士と調理師の資格を、両方とも取得することも

できますので、今回紹介した上記の内容を参考に、どのような仕事を目指すか検討し、夢

に向かって頑張ってください。