調理師免許について

海外で調理師として活躍するには? 夢を叶えるために出来ること

海外で調理師として活躍するには? 夢を叶えるために出来ること

「日本の料理を世界に広めたい」、「自分の料理の腕を、本場の国で試したい」など、海

外で調理の仕事をしたいという憧れを持つ人は少なくないでしょう。しかし、実際に海外

で調理師として活躍するためには、どのようなことが必要になるのでしょうか。今回は、

海外で調理師として活躍する方法について紹介します。

海外で調理師の経験を積む意味とは?

外国の料理について極めようと思うなら、海外での調理経験はとても大切。本場の食材、

レシピ、食事の仕方、店の雰囲気、お客様の反応など、日本で勉強するだけでは分からな

いことを、数えきれないくらい学ぶことができます。また、現地で開業を目指す人であれ

ば、現地の人とコミュニケーションをとることで、人脈を築けることも大きなメリットと

言えるでしょう。

日本の飲食店で働いたり、開業をしたりする場合でも、海外での調理経験は役立ちます。

現地で身に付けた本格的な料理は、多くのお客様に喜ばれるでしょうし、海外の経験を活

かしたメニューや技術、海外ならではのコミュニケーション方法などを前面に押し出せば

、他店との差別化がしやすくなります。このように、海外での調理経験は、さまざまな場

面で役立つことでしょう。

海外で働くために身につけなければならないこととは?

海外で調理の仕事をする際、事前に用意しておくべきものがあります。以下で、いくつか

例に挙げてご紹介します。

英語力

海外で働くのであれば、現地で最低限のコミュニケーションはとれるよう、世界共通で使

われている英語は覚えておくことをおすすめします。スラスラと喋ることができなくても

、日常会話ができればある程度はコミュニケーションが取れるので、マスターしておくと

良いでしょう。ただし、英語が全く通じない国であれば、現地の言語を覚えるしかありま

せん。

調理師免許

日本国内で取得した調理師免許は、海外での就業時の判断材料にはあまり有効ではありま

せん。しかし、海外で働くための「勤労ビザ」を取得する場合に、調理師免許が活かされ

るケースがあります。また、国によっては調理師免許を取得している人は、知識保有者と

して認められる場合もあり、免許を持っていない人より信用されることもあるようです。

また、調理師免許を取得するために学んだ技術や知識は、自分自身の能力として活かすこ

とができるので、無駄になることは決してありません。

実務スキル

現地での就職を希望する場合、現地の人より語学力が乏しい分、料理における技術力や知

識などが優れていないと、なかなか雇ってもらえないかもしれません。そのため、日本国

内で実務経験を積み、知識や技術力を身につけておくことは重要です。海外で働くチャン

スを確実に活かすために、自分自身の下準備をしっかりするようにしましょう。

海外での経験は、調理師としてのキャリアにおいて非常に重要。そして、海外で活躍する

ためには、基本的な日常会話ができる語学力と、調理の技術が必要になります。そのため

、まずは日本でしっかりと経験を積み重ねることが大切です。