調理師免許について

高いイメージがあるけど…調理師免許を取得するまでの費用ってどのくらい?

高いイメージがあるけど…調理師免許を取得するまでの費用ってどのくらい?

調理師免許を取得するには、試験を受ける方法と専門学校卒業後に申請をする方法があります。専門学校に行く場合、調理のプロに専門的な指導をしてもらえるという大きな魅力があります。その分学費が高額なイメージがありますが、実際にはどのくらいの費用が必要になるのでしょうか? ここでは調理師専門学校の学費や、調理師になるための勉強にかかる費用などを解説しましょう。

専門学校で調理師免許を取得する場合にかかる費用

調理師免許を取得するための専門学校でかかる費用は、学校や学科によって異なりますが、入学金や授業料、実習費用などを合わせて、1年間で200万円程と言われています。夜間のコースであれば年間100~150万円程度になりますが、通う期間が1年半と少し長い期間必要なので、総額はあまり変わらないようです。

さらに、将来的に海外で調理師として活躍したいという方や、海外の料理を本場で学びたいという方は、海外にある調理の学校に留学をするという選択肢もあります。その場合は、通常の学費に加えて、留学費と留学先での実習費が必要になるでしょう。

専門学校では、調理のプロの先生による授業を受けることができるので、実践的な技術を身に付けることができます。また、同じように調理師を目指す仲間もいるので、モチベーションを維持しやすいでしょう。
ただし、高額な費用がかかります。交通費や授業料以外にも、教科書や、教材として白衣、包丁などの購入が必要になったり、実習や研修などで別途お金がかかったりすることもあるようです。

実務経験を積みながら調理師免許を取得する場合にかかる費用

専門学校に通わずに、飲食業界で働きながら勉強して、調理師免許の資格取得を目指す方法もあります。この場合は、どれくらいの費用が必要になるのでしょうか? 講座に通う、通信講座を利用する、独学で勉強するなどの方法がありますが、それぞれの費用を見ていきましょう。

・独学の場合は1万円程度
個人差はありますが、テキスト代だけで済みますので、多くの場合1万円位で収まるでしょう。新品ではなく古本などを利用すれば、より費用を抑えることが可能です。また、自宅などで勉強できるため交通費もかかりません。

・通信講座は4~5万円程度
独学よりも多少の費用はかかるものの、自宅で自由な時間に勉強できる上、質問などもできる通信講座。教材費や指導費などを合わせて、4~5万円程度になるでしょう。

・調理師資格指導協会の講習に通う場合は3万円程度
専門学校に通うお金と時間は無いけれど、独学で勉強するだけでは不安……。そのような場合は、調理師資格指導協会で実施している、月に4回通うタイプの調理師免許講座がおすすめです。経験豊かな講師から、丁寧な指導を受けることができます。講習は全4回で28,000円です。
また調理資格指導協会では、通い講習と同じ内容でオンライン講座を開設予定です。講習会場とご自宅の距離が気になる方はチェックしてみてください。

・調理師資格指導協会の直前講座
過去問題を中心に、試験に出る問題を徹底予測したオリジナル教材で飛び込み受験対策を実施しています。基本講座の受講生は5,000円、一般の方は10,000円で受講可能です。

調理師免許の受験と申請にかかる費用

調理師免許を取得するには、受験費用と申請費用が必要です。それぞれどれくらいの費用がかかるのか、以下でご説明いたします。

・受験費用
地方によって異なりますが、大体6,100円程です。受験票に貼りつける写真代が700円程度、その他に試験場への交通費、願書の郵送代がかかります。
また、調理師免許の試験を受けて資格を取ろうという方は、実務経験証明書が必要になります。実務経験証明書を書いてもらう相手が遠方の場合は、郵便でやりとりをすることもありますが、その際には郵送料金も必要です。また、実務経験証明書を書くのが個人経営店の場合、印鑑証明が必要になるケースがあり、そのときは印鑑証明書の発行料300円がかかります。

・申請費用
申請するのに必要な費用は、「戸籍抄本」発行料450円、本籍が遠方にあるならその郵送費、3カ月以内に発行された医師の診断書(麻薬・あへん・覚せい剤の中毒でないことを証明する医師の診断書)が2,000円程度(医師により異なります)、「調理師免許申請書」5,600円となります。また、地域などによって金額は異なりますが、数千円の手数料もかかることが多いようです。

調理師免許取得のために、少しでも費用を抑えたいと考えているのなら、飲食業界で実務経験を積みながら、協会などが行っている講習を受けて勉強することをおすすめします。飲食業界で働きながら、講習などを利用することで、しっかりと試験対策が行えます。ぜひ検討してみてください。