調理師免許について

飲食業界で働きたい人には必須!? 調理師免許とは?

飲食業界で働きたい人には必須!? 調理師免許とは?

調理師免許の存在は知っているけれど、具体的にどのような資格なのかは分からないという人は多いようです。調理の道を志す人にとって調理師免許は、一体どういう存在なのでしょうか。
そこで今回は、調理師免許の概要と取得するメリットについてご紹介したいと思います。

調理師免許とは

調理師免許とは、調理師が保有する国家資格のことです。そして、調理師とは「調理師の名称を用いて調理の業務に従事することができる者として都道府県知事の免許を受けた者」と、1958年に制定された調理師法で定義付けられています。
ここで指す「都道府県知事の免許」というのが、調理師免許のこと。つまり、調理師免許がないと「調理師」と名乗ることはできないということです。

ちなみに、調理師免許は証書なので、運転免許証のようなカードではありません。免許を取得する際は、受験した都道府県知事の押印がされた「調理師免許証」をもらいます。

また、調理師免許は、飲食業界で働く上で必ず取得しなければいけない資格ではありません。飲食店には、衛生管理責任者(講習を受けて取る資格)の資格を持つ人が1人いれば問題はないのです。

とはいえ、調理師免許は調理の際に必要な知識の証明となり、就職や開業の際に役立ちます。また調理師免許取得者は、独立開業の際に必要となる「衛生管理責任者」という立場を、講習を受講せずに担うことができます。

調理師免許を取得する意味とは

「調理師免許がなくても調理ができるなら、何のために免許を取るの?」という疑問をよく耳にします。確かに、提供される料理はその人の腕次第。免許を持っていなくても腕の良い料理人はたくさんいます。しかし、食品を扱う仕事をする上で重要なのは、腕の良し悪しだけではありません。

お客様に安全な食事を届けるためには、健康な身体を作るための栄養バランスについてはもちろん、食中毒をはじめとする、食に関する危険などについての知識も持っているべきでしょう。また、日本や世界の食文化も理解しておきたいですね。

調理師免許は、食に関する知識を持っているということが証明できる免許です。調理の腕があるというだけでなく、食に関する知識もあるのだと証明することで、お客様に安心して食事を楽しんでもらうことができるというのが、調理師免許取得の意義と言えるでしょう。

調理師免許は給与アップにも繋がる資格!?

調理師免許を取得すると、食に関する知識を持っていると認められることになります。そのことから、調理師免許を保有する人は調理人としてだけでなく、より責任のある立場で仕事を任されることも多いようです。また、調理師免許を取得することで、資格手当がもらえるケースもあるでしょう。資格の取得は必須ではありませんが、調理師免許を取ることで、調理に対する意欲や熱意を示すこともできるのではないでしょうか。

飲食店開業には「食品衛生責任者」の資格を持っていることが必須条件です。食品衛生責任者の資格は通常、講習を受けないと取得ができませんが、調理師免許を持っていれば、申請をするだけで資格を取得することができます。そのため開店までの手続きがスムーズになるでしょう。

また、調理師免許は、飲食業界への就職時にも役立ちます。例えば、調理の求人を見ると「有資格者のみ」で募集しているところが少なくありません。個人経営の料理店やレストランよりも、病院、給食センター、介護施設、社員食堂など公共の施設や食堂などにその傾向が多くみられます。

他にも、調理師免許を持っていることで、専門調理師、調理技能士の受験が可能になったり、フードコーディネーターの資格を取得する際の試験科目がいくつか免除されたりと、別の資格を取るのに役立つ場合があります。(※ただし実務経験年数・調理師資格取得年数などの条件があります。)

調理師免許は飲食店の開業に必須ではありませんが、持っていることでお客様に安心感を与えることができますし、共に働く仲間に信頼されることにも繋がるでしょう。また、食や調理に関する基本的な知識は、飲食店に就業した後も役立てられることばかりです。飲食業界で働きたいという方や、飲食店を開業したいという方は、ぜひ調理師免許の取得を検討してみてください。