調理師免許について

調理師免許の願書受付はいつから始まるの?

調理師免許の願書受付はいつから始まるの?

調理師免許を取得するためには、「厚生労働大臣指定の調理師養成施設を卒業する方法」

と、「2年以上の実務経験をした上で、調理師試験を受験して合格する方法」があります

。試験を受ける方は試験対策だけでなく、願書受付についての詳細や、受験するまでの流

れを把握しておかなければなりません。こちらでは、試験を受ける方に向けた、受験まで

の流れをご紹介します。

調理師免許の願書受付までの流れとは?

各都道府県で開催される調理師免許試験を受けるためには、まずは願書を提出しなくては

なりません。願書が配布される日、締め切り日、必要書類を確認し、締め切り日までに必

ず提出しましょう。

願書の取り寄せは郵送でも可能の場合が多いですが、願書の提出は直接持参する必要があ

り、郵送による出願は認められていないことがほとんどです。

万が一、願書提出の際に不備があった場合は、願書を受理してもらうことができません。

願書や必要書類の再提出が必要になり、もし締め切日に間に合わなかった場合は、受験で

きなくなる可能性もあります。

不備がなく願書受理が完了すれば、試験日の1カ月ほど前に受験票がお手元に届きます。

受付開始日は毎年変わる!?

願書の配布日や締め切り日は、年度により異なることが多くなっています。そのため、今

までの試験日や受付開始日を事前にリサーチし、開始日と予想される2カ月ほど前から、こ

ま目に試験日について調べておくようにしましょう。

願書の配布は、基本的には、試験日の3カ月ほど前から、各健康福祉センターや、市保健

所などで行われます。郵送を希望することもできますが、中には指定された平日3日間の9

時~17時の間に、取りに行かなければならない場合もあるので注意が必要です。

また、各都道府県によって異なりますが、一般的に願書提出の際に必要になるのが「調理

業務従事書」、「卒業証明書(中学校以上を卒業していることを証明する)」、「戸籍謄本

」、「受験料領収書」、「写真」、「願書」です。願書の配布日に気付いてから慌てて必要

書類の準備を始めていると、書類の準備が間に合わず申し込み期限を過ぎてしまうことに

もなりかねません。必要書類は、早め早めに準備しておくようにしましょう。

調理師指導協会ならいちいち日程を調べる手間が省ける!

願書配布日や、願書提出期限など、こま目に調べておかなければ間に合わない可能性もあ

るものの、「仕事で忙しくて、こま目にチェックすることができない」と感じる方も多いの

ではないでしょうか。

そんな方は、「調理師指導協会」の「願書取り寄せ代行サービス」がおすすめです。この

サービスを利用すれば、お届け先と受験予定会場を入力するだけで願書配布開始日に当協

会が代理で取得し、自宅に願書を郵送してくれるため、試験日を調べるといった手間を省

くことができます。願書の提出も、当協会が独自に作成した手引きに沿って準備できるの

で、記入ミスや、書類の不備も避けることができるでしょう。

今回は、調理師免許の願書受付までの流れをご紹介しました。願書受付日が分からないと

いう方、どんな書類を用意してどのように記入すれば良いのか分からないとお悩みの方は

、ぜひ「願書取り寄せ代行サービス」をご利用ください。